MathType 基礎知識: OMML

これからMathType を導入するか検討されている方に,ご購入方法と既存のユーザーの方々と共有する技術情報の一部をご覧に入れるためのコンテンツです。コンピューターの初心者の方,あるいは数式に詳しくない方にもご理解いただけるようコンピューターおよび数式の基礎知識も盛り込んだ内容になっています。


このページは以下の情報で構成されています:



OMML 編

OMML とは

OMML とはOffice Math Markup Language の略で,Microsoft 社がOffice 2007 から採用している新しい数式フォーマットを指します。現在のOffice に内蔵されている「数式ツール」のフォーマットであり,それ以前はMathType の数式フォーマットと「数式エディタ(Microsoft 数式3.0)」というMathType ベースの簡易版の数式作成編集ツールが採用されていました。OMML についてはOffice MathML と呼ぶ人もありますが,これはW3C 勧告の正規のMathML とは似て非なるものです。ただし,かなり共通している部分があり,MathML のコードも解せます。MathML についてはMathML 編で詳しく解説します。


OMML からMathType 数式に変換

Office の「数式ツール」には,MathType 数式フォーマットへの変換機能がありません。それはWord の[MathType]リボンタブの[書式]群にある[数式の変換]コマンドで実行することができます。[Word 2007 (OMML) 数式]にチェックマークを入れて,[変換]ボタンをクリックします。

convert omml to mtef

MathType 数式からOMML に変換

あいにくMathType からOMML 形式で出力するオプションは用意していません。やむをえずMathType で作成もしくは編集した数式を,OMML 形式でWord 文書上に貼り付けたい場合,Office に内蔵されている「数式ツール」がMathML のコードに反応することを応用すると良いでしょう。この場合,MathType の[各種設定]メニューにある[切り取り/コピーの設定]コマンドを選んでください。すると[切り取り/コピーの設定]ダイアログが表示されるので,そこにある[MathML またはTeX]という名のラジオボタンをクリックし,そのポップアップメニューから,[MathML 2.0 (namespace attr)]を選びます。その下にある2 個のオプション[変換時にトランスレーター名を含める]と[変換時にMathType データを含める]のチェックマークは外してください。それから作成もしくは編集したMathType ウインドウ上の数式を選択し,Word 文書へとコピー&ペーストします。これでおおかたの数式は表示されるはずです。ただしOMML は正規のMathML ではないので,必ずしも忠実に再現できるとは限りません。

convert omml to mtef

サブスクリプション版のMathType に関して:

MathType サブスクリプションライセンスのテクニカルサポートは供給元(WIRIS 社)が直接行います。

本コンテンツの構成

MathType 亘香通商Web サイト
Copyright (C) 1996- SENKO Corporation All rights reserved.