MathType 購入ガイド (Guide for MathType Buyers)

このたびはMathType にご関心を賜りありがとうございます。これからMathType を導入するか検討されている方に, ご購入方法と既存のユーザーの方々と共有する技術情報の一部をご覧に入れるためのコンテンツです。コンピューターの初心者の方,あるいは数式に詳しくない方にもご理解いただけるようコンピューターおよび数式の基礎知識も盛り込んだ内容になっています。なお,一部MathJax 対応ページにつき,読み込みに若干時間を要する場合があります。



本コンテンツの構成に関して

このコンテンツは最新のバージョンのMathType の以下の情報で構成されています:



MathType とは何か?

そして,何ができて,何ができないのか

MathType はMicrosoft Windows およびApple Mac OS 上で,あらゆる数学表現をフォントのみで作成する「数式描画」プログラムです。 複雑な数式を「マウスでクリックする」という単純な作業で作成でき,そのデータを他のソフトウェアで作成した書類(文書),ホームページ,あるいはLaTeX やMathML のような特殊な組版システムに取り込めます。 ワープロ,ページレイアウト,グラフィックといったソフトと組み合わせて使うと,試験論文,講義ノート,技術レポート,研究論文,あるいは研究書といったものが簡単に作成できます。
MathType のユーザーインターフェイスは直観的にも,視覚的にもわかりやすいものとなっています。 分数,根号,和,積分,積,行列,各種の括弧など基本的な数式構造ごとのさまざまなシンボルや空きのスロットを持つテンプレートを全部で約175 種類用意しており,そのスロットの中身を埋めていくだけで簡単に数式作成できます。 またテンプレートのスロットの中に他のテンプレートを読み込むこともできるので,複数の階層の複雑な数式も簡単に作成できます。
さらに214 種類以上もの数学の特殊記号のアイコンが表示され,マウスでクリックするだけで数式の中に記号(シンボル)を挿入できるので,どのシンボルがどのフォントやキー配列なのか,いちいちおぼえておく必要はありません。 MathType は数式の作成の効率を上げるために,ユーザー独自のインターフェースに変更することができます。 またテンプレートや一般的な数式の組み合わせをツールバーに配置でき,マウスをクリックするだけで作成中の数式の中に挿入できます。
シンボル,テンプレート,コマンド,作業のほとんどが,マウスだけではなく,キーボードでも操作できるように設計されており,使用頻度に合わせてキー配列を設定し直すことで使い勝手や作業効率も向上します。
MathType はMicrosoft Office のWord やPowerPoint の数式作成のための拡張機能「数式エディタ」のハイエンド版として,全世界のOffice ユーザーの間で圧倒的なシェアと知名度を誇っています。 ユーザーの多くは科学技術の研究者や理系の教育者および学生の方々で,主に論文作成や試験用紙の作成に用いられています。また学術出版および印刷関連の業種での需要も多くあります。 なお,あくまでも数式作成の役割に特化しているプログラムで,ワープロのように段落やページ設定を行ったり,お絵描きソフトのように思い思いのイラストを描いたりすることはできません。 また数式処理機能もないので,式が完成しても答えが返される訳でありません。

MathType の特長:

  • 対応するバージョンのWord 上にMathType 用の拡張機能メニュー・コマンドを表示できる

  • 多種の数式用フォントを付属している

  • 印刷や版下作成からWeb 上に公開する文書まで,それぞれの目的に合った最適なファイルで保存ができる

  • TeX で入力したり,作成した数式をTeX で出力できる

  • 行列式が作成できる

  • 作成した数式をダブルクリックで編集できる(場合によっては,他のアプリケーションが起動します。)

MathType で実現できること:

  • Word のメニューコマンドから,直接文書内に数式を埋め込むことができる

  • さらに他のインストール済みフォントやオリジナルのフォントも使用できる

  • 印刷や版下作成に最適なEPS 形式,Web 上に公開する文書に最適なGIF 形式のファイルで保存ができる

  • ウインドウからLaTeX やAMSTeX,さらにはMathML 形式でコピー&ペースト出力できる

  • 最大で縦横31 列の大きな行列が作成できる。さらに分割線も追加できる

  • ダブルクリックで編集できない場合でも,ドラッグ&ドロップで編集できる

その他,MathType に付属するMathType チュートリアルもご参照ください。

MathTypeで実現できないこと:

実際にあった問い合わせの内容を基にしています:
  • それ自体をWord の代わりとしてワープロソフトのように使うこと(あくまでも数式作成が目的となります。)

  • フォントを埋め込んで,そのフォントのない受け側に送ること(受け側にも同じフォントが必要です。)

  • AI 形式の読み込み,Mac におけるwmf 形式での保存(wmf はMac がサポートしていません。)

  • TeX 全般の変換に用いること(TeX で作図したグラフやイラストは読み込みできません。)

  • 行列のテンプレートにオリジナルのものを使用する(用意されているテンプレートしか使用できません)

  • スキャナーで取り込んだ数式ファイルを認識させること(OCR 機能のような文字認識機能はありません。)


MathType の必要事項

必要なコンピュータ環境

MathType は,現在Microsoft 社とApple 社が,それぞれサポートしている現行のオペレーティング・システムで動作します。また,比較的軽量なアプリケーションであるため,それらのオペレーティング・システムが正常に動作するコンピュータであれば,特に高いスペック(CPU やメモリ)も,さほどの空き容量も必要としません。

Windows 用MathType:

  • Windows XP,Windows Vista,Windows 7,Windows 8 (8.1),Windows 10 のいずれかのオペレーティング・システム(ただしWindows XP およびVista はMicrosoft 社のサポート終了につき,使用を推奨しません。)

  • 12 MB の空き容量のあるハードディスク

  • CD-ROM ドライブ,もしくはCD-ROM が読み込みできるDVD ドライブ

Mac 用MathType:

  • OS X 10.4.9 以降のMac 用オペレーティング・システム

  • 35 MB の空き容量のあるハードディスク

  • CD-ROM ドライブ,もしくはCD-ROM が読み込みできるDVD ドライブ

必要なコンピュータ知識

とくにコンピュータ・プログラムや数学知識はなくても扱うことは可能です。 だだし少なくとも高校の教科書に登場するレベルの数学記号と,その配置に関する知識をお持ちの方を対象にしています:

  • インストールやアンインストールなどWindows もしくはMac のシステムに関する基礎的な用語

  • 全角と半角の違いなど,文字入力に関する基礎的な知識

  • Microsoft Office と一緒に使用する場合,とりわけWord(標準テンプレートなど)に関する基礎的な知識

  • (プレビューなど)ファイル保存形式に関する基礎的な知識

  • フォントに関する基礎的な知識

  • ソフトウェア・ライセンス(使用許諾規約)に関する知識(製品に記載されています。)

あると助かるコンピュータ知識

さらに以下の知識があると,応用範囲が広がります。ないと難しい機能もありますが,必ずしも随時要求されるものではありません。

  • TeXLaTeX に関する基礎的な知識

  • PostScript に関する基礎的な知識

  • Microsoft Word のフィールド・コードの知識

  • Microsoft Word のマクロの知識


知っておきたい重要10

  1. MathType 数式は画像(イメージ)

一般的なワープロ文書は文字だけのテキスト部分と(主に別のソフトウェアで作成あるいは加工した)イラストや写真といった「図」(画像)部分で構成されますが,MathType から作り出される数式は,フォント(コンピュータ内の文字データ)で描かれる「図」にあたります。

  1. MathType とMicrosoft Office

MathType はMicrosoft Office の主幹構成アプリケーションであるWord 上に[MathType]メニューという独自のメニューコマンドを設けます。 そこでWord の「行内オブジェクト」機能を使って,文書上に編集用のリンクを伴う数式の「埋め込み」,数式番号の挿入など様々な拡張機能を展開できます。 Word 2003/2004 までMathType の数式フォーマットは「標準」となっていましたが,2007/2008 以降はMicrosoft 社が作成した独自フォーマットの数式作成プログラムにその座を譲りました。 しかしMicrosoft のプログラムでは,まだまだMathType のような複雑な数式の作成はできませんし,古いバージョンの文書上の数式の編集もできません。

  1. MathType と数式エディタ

2003/2004 までのMicrosoft Office にはMathType をベースにした数式作成機能「数式エディタ(Equation Editor)」が内蔵されていました。 またクラリスワークスやAppleWorks にも同じ名称で付属していました。 近年のバージョンアップに伴い,Microsoft Office のメインの数式作成機能は,Microsoft 社が自社開発したものに置き換わりましたが,双方の数式ツールには互換性がありません。 (ただしMac 用Office 2016 を除いて,Office には古い文書上の数式の編集目的でサブの数式作成ツールとして以前の「数式エディタ(Equation Editor)」である「Microsoft 数式3.0」が内蔵されています。) クラリスワークスやAppleWorks は生産もサポートも終了し,現在のiWork には数式作成機能は内蔵されていません。 そこで従来の数式エディタの代わりに配布されているのが「MathType Lite」です。

  1. MathType とTeX

TeX ないしはLaTeX は印刷用の組版言語であり,それがそのまま商品パッケージとして流通している訳ではないので,一般の方が触れる機会こそ皆無に近いかもしれませんが,数学や化学関連の研究者の間では広く普及しています。 とはいえ,科学知識とTeX の知識が比例している訳ではなく,複雑な数式を作成するとなると慣れた人でもかなり大変な作業になります。 MathType では,ウインドウ上の数式をTeX で書き出しできるので,TeX コードの並びなどであれこれ悩む手間が省けます。 また直接ウインドウにTeX コードで入力することもできます。

  1. MathType とAdobe Illustrator

MathType の数式はPostScript との互換性を有したフォーマットで,Adobe Illustrator の書類上にドラッグ&ドロップ,もしくはコピー&ペーストで移動できます。 Illustrator は文字通りイラストレータやデザイナーの間で広く普及しているドロー(描画)ソフトウェアで,PostScript 言語を用いています。

  1. Mac 用MathType 6.0 と6.7 の大きな違い

Mac OS X では古くより画像ファイルのプレビュー(表示用画像)にPICT が用いられ,Mac 用のソフトウェアも皆それに従ってきましたが,OS X 10.6(Snow Leopard) から,これがTIFF に変更されました。 PICT を使用している古いMac 用のアプリケーションとの互換性を保つため,Mac OS 側でPICT をTIFF に変換する方法が用いられていますが,これには特定のPICT しか同寸法での変換ができないという難があります。 MathType 6.7 は,これにあわせて仕様変更されています。

  1. Visual Basic for Applications について

まずVisual Basic とはMicrosoft 社が開発したプログラム言語で,これをMicrosoft Office の拡張機能のマクロに応用したのが,Visual Basic for Applications(VBA) です。 MathType がWord やPowerPoint のメニューコマンドの一部として,そのアプリケーションに一体化できるのもそのおかげです。 Microsoft 社は,Mac 用Office 2008 および2016 でVisual Basic for Applications の非対応の措置をとり,他社製(サードパーティ)の拡張機能の締め出しを行う結果となりました。 Mac 用Office 2008 に関しては,かろうじてMathType の[数式の挿入]コマンドだけは残せたものの,他のコマンドは壊滅状態となりました。 しかしMac 用Office 2016 に関しては,全く対応していません。

  1. MathType と組版ルール

MathType の数式は数式を美しく表示するための組版用の言語であるTeX で入出力することができます。 またTeX のルールに則って自動的に間隔調整を行います。 さらに紙面上の数式表現のルールへの準拠に留まらず,Web 上の数式表現の基準となるWorld Wide Web Consortium (W3C) 数学作業部会の規格のMathML もサポートしています。 紙面でもWeb 上でも最高品位の数学表現の手伝いを行っているのです。

  1. Word 2003 とWord 2007 と数式エディタ

Word 2003 とWord 2007 では文書の標準フォーマットが異なり,前者には.doc,後者は.docx の拡張子が付きます。 後者は前者の.doc 文書を読み込むことができますが,その逆はできませんし,数式の標準フォーマットも異なります。 前者はMathType をベースにした数式作成機能「数式エディタ(Equation Editor)」が組み込まれており,MathType との互換性に優れていました。 後者はMicrosoft 社独自のものとなり,MathType との互換性はありませんし,Word 2003 の数式エディタでも編集できません。

  1. MathType とWord 2008・2016

Microsoft 社はMac 用Word 2008 でマクロ言語の処理に欠かせないVisual Basic for Applications(VBA) のサポートを打ち切りました。 それによりMathType をはじめとするサードパーティのアドインプログラムが対応できなくなり,数多くのユーザーの方々からVBA 復活の要望が同社に寄せられました。 後継のMac 用Word 2011 でこそVBA 復活が実現しましたが,奇しくもその後継のMac 用Word 2016 では再びVBA サポートが打ち切られました。 このためMac 用Word 2016 ではMathType をはじめとするサードパーティのアドインプログラムが対応できなくなっています。


購入シミュレーション

ご購入の前に

MathType で当社がお客様に販売するものは,CD の中身,すなわちソフトウェアではなく,それを使用するためのライセンスです。実質的には「プロダクト・キー」と呼ばれるユーザー固有のライセンス管理番号で,これを入力することで,はじめて商品版のMathType として機能するように作られています。

評価版で試す

MathType の商品版と同じ機能をインストール後の30 日間,お試しいただける評価版プログラムが用意されています。いろいろご質問いただくよりも,実際にご自身でお試しになることが,一番判りやすい方法です。以下のリンクをご利用になれます:
Windows 用MathType 評価版の情報:

http://www.senko-corp.co.jp/software/mathtype/win_evaluation.htm

Mac 用MathType 評価版の情報:

http://www.senko-corp.co.jp/software/mathtype/mac_evaluation.htm

MathType 評価版ダウンロードページ:

http://www.senko-corp.co.jp/software/mathtype/download.htm

なお30 日以内にプロダクト・キーの入力がない場合,簡易版(Lite バージョン)のMathType に変わります。機能が制限されますが,インストールされているMathType のフォントと記号ともども,そのまま無償にてお使いになれます。

CDのご請求に関して

評価版のダウンロード・サービスが受けられない場合は,CD の郵送サービスをご利用ください。なお送料および手数料として324 円がかかります。(切手で結構です)詳しくはWindows 用MathType 評価版の情報もしくはMac用MathType 評価版の情報をご参照ください。なお,ダウンロードをご利用になったお客様は,CDのご請求はご遠慮いただけますようお願いします。CD からインストールし直しても,経過した試用期限は戻りませんし,返金にも応じられません。

MathType の評価(トライアウト)版に関するサポート
評価版のインストールならびにアンインストール,使い方に関して,一切の技術サポートも行いません。

購入方法

MathType 日本語版は,当社(亘香通商株式会社)が総販売元として取扱っています。CD とセットになった商品パッケージは直販部SOFTLANDの他,全国有名ソフトウエア販売店,大学生協などで購入できます。
英語版のMathType は米国Design Science 社のオンライン販売がご利用になれますが,先方との(英語のみ)やりとり,ならびにカード決済のトラブル,技術サポートなどのアフターケアにおいて,お客様と米国Design Science 社との間での取引となりますので,当社は一切これに関与しません。

早わかりQ&A

  1. 購入後のアップグレードは無料で行えますか?

    一般向け商品(シングルユーザーライセンス)では,購入後のアップグレードは有償です。購入後のアップグレードが無償なのは,サイトライセンスのサブスクリプション(年間契約)のみとなります。

  2. クラリスワークスやAppleWorks に付属していた数式エディタの最新アップデートはないのでしょうか?

    クラリス社は,かつて存在したApple 社の子会社で,クラリスワークスの後継となるのがAppleWorks ですが,いずれのケースでも数式エディタは,各社がOEM で導入していたものです。 数式エディタは一般流通商品ではなく,使用契約の結ばれたソフトウェアと一緒に使用する目的に特化しています。 クラリスワークス,AppleWorks とも販売およびサポートが終了しているため,その後のアップデートは行われていません。このためMathType Lite の使用をお勧めします。 日本語評価版のフル機能試用期限30 日を過ぎると自動的にMathType Lite に切り替わります。

  3. どういったフォントを用意すればいいか教えてもらえませんか?

    MathType はフォントだけで数式を表現しますが,そのほとんどすべてはMathType に付属する専用のフォントでまかなえます。 他のフォントも使用できますが,大括弧や長い線などの表現において,他のフォントで代用できないものが多数あるため,部分的な使用に制限されます。 ただし,MathType には日本語のフォントが付属しないため,日本語入力に関してはコンピュータにインストールされた別のフォントを使用することになります。 その際,@(アットマーク)フォントを含め,表示用フォントの使用は避けてください。

  4. iWork に対応した数式エディタか,その代替の無償提供はないのでしょうか?

    AppleWorks に付属していた数式エディタのレベルで良ければ,日本語評価版ないしはMathType Lite の使用をお勧めします。 もともとiWork にはMathType 用の数式挿入コマンドが設けてあるので,それをお使いになれます。 日本語評価版のフル機能試用期限30 日を過ぎると自動的にMathType Lite に切り替わります。

  5. TeX(テフ/テック)に対応していますか?

    TeX で直接入力し,ウインドウ上で通常の数式の形に変換したり,数式を作成した後にTeX で出力することもできます。 文法を気にせずとも,MathType から自動的に書き出されるので,初級者の方でも使いこなせるはずです。

  6. MathType は一台のマシンにしかインストールできないようになっているのでしょうか?

    もともとは一台のマシンのみのインストールに限られましたが,近年,自宅勤務や自宅での残務作業など勤務先と自宅で同じ作業を行うニーズが高まったことに合わせ,登録者の専用のマシン複数台に,同時起動しないことを前提にインストールを認めています。

  7. ネット上のMathType のシェアウェア版と商品版はどう違うのでしょうか?

    シェアウェア版というのは,そのサイトを運営している側が名付けた分類上の表現で,Microsoft 社やAdobe 社などが行っている「評価版」と似た性質のものです。 すなわち一定期間を過ぎると,フル機能では使用できなくなりますが,機能が制限された状態で使い続けられることが異なります。

  8. アップグレードせず,ずっと使い続けることはできないでしょうか?

    お使いのオペレーティングシステムやMicrosoft Office を今後もずっとバージョンアップしないという条件では可能と思われます。 ただし,やりとりする相手がある場合,数式はともかくも,それが含まれる文書ファイル自体がバージョンの違いで開けなくなることも考えられますので,必ず相互で互換性の確認を行う必要があると思われます。


英語版に関して

MathType 英語版の取り扱いは米国Design Science 社が行います。また英語版のテクニカルサポートも米社が直接行います。技術情報は日本語になっており,英語版のメニューならびにコマンド名とは一致していません。英語版をお使いのお客様は,Design Science 社Web サイトのサポートページをご利用ください。


MathType 亘香通商Web サイト
Copyright (C) 1996- SENKO Corporation. All rights reserved.